2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の紅葉




暖かくなって来たね




春ももう直ぐ終盤










紅葉も咲き始める季節へ


スポンサーサイト

山茱萸(さんしゅゆ)



冷たい雨が降るある日



傘を片手に買い物からの帰り道



雫を輝かせ咲いていたお花




    山茱萸

種属 ミズキ科 落葉高木


 小さくて



 黄色くて



江戸時代には薬用植物として渡来した山茱萸



黄色い花が咲く春は春黄金花と呼ばれ



赤い実が生る秋は秋珊瑚と呼ばれ



春本番を前に彩り華やか香る季節を楽しもう




さくら




小さな蕾が膨らんできて






春の象徴でもあるお花が咲き始めています






まだ寒いよ




弱々しい陽射しに






少しだけ咲き始めたよ






バラ科サクラ属

サクラ亜属Prunussubg.Cerasus

サクラ属Cerasusの総称



百円硬貨の表には桜がデザインされています。

日本において最も馴染みの深いお花で国花の一つでもある様です。






河津桜


今年の冬は、雪が少なくあまり寒さが厳しいとは言い難い程の気候。

寒桜は早々と終わりを告げた1月下旬、近所にある並木道に16本の河津桜があり、沢山の蕾達の中に少しだけ春を先取りした様に咲いていました。




隣に写るまだ青々しい蕾の横に可愛らしいお花が咲き始めて…




まだ寒さが残る曇り空に、少々元気が無さそうに見えました。


学術名

Prunus lannesiana Wils. cv.

Kawazu-zakura

1月下旬頃から淡紅色の花が約1ヶ月にわたって咲き続けて近隣の注目を集めます。

河津桜の特徴

落葉高木、樹形は広卵状で樹皮は紫褐色で光沢があり、若枝は褐色、無毛。

葉は開花後に展開する成葉は倒卵状楕円形で先は尾状鋭尖形、基部は円形、長さ12.5~15.0cm、巾6.0~6.8cmで厚い。縁は単鋸刃だが、重鋸刃が混じり、鋸歯の先は芒状、腺はない。

表面は濃緑色、裏面は淡緑色、両面共に無毛。

側脈は約10本。葉柄は長さ2.0~2.2cmで無毛、上部に1対の蜜腺がある。

托葉は長く、分岐多い。
果実は、ほぼ球形、径0.9~1.3cm、黒紫色に熟し、甘味がある。

躑躅~つつじ~




街路樹や公園の植え込みに、緑の葉のキャンパスに赤やピンク色の躑躅達が咲き始めます。








お陽様の光に透ける様な輝きを放ちながら、優しい風に揺れています。







観る人を笑顔にしてくれるお花の一つですね。








小さなお花

毎年の春になると、桜やチューリップ等が彩りを添えていますね。

でも、小さなお花さん達も春の主役なのです。






植物界の珍獣?

今年も色とりどりのお花が、春を綺麗にかざっていますね。

桜のピンク色や菫の紫色、菜の花の黄色や新緑の緑色。

とっても鮮やかで華やか。

しかーし(笑)春に咲くお花の中で(゜∀゜ノ)ノえぇー!!?みたいなお花も咲きはじめています。

そのお花は、パンダの顔のような白黒のコントラストが印象的で、植物園以外では見ることが難しい様です。

20100324025407


↑蕾は茶色く『実かな?』って思えます。

20100324025419


↑咲いた状態を見ると『これ本当に花ですか?』って、良く言われます。

20100324025412


↑こう見えても立派なお花なのです。

20100324025415


↑お花の真ん中は、ライトを点け覗き込んでも見えません(笑)

名前
パンダカンアオイ。

学名
Heterotropa maxima
(ヘテロトローパ・マキシマ)

ウマノスズクサ科
カンアオイ属

母親宅では今年も沢山の蕾を付けてくれて、春の賑わいを楽しませてくれそうです。

姫立金花(ヒメリュウキンカ)

春の陽射しも少し小休止なのか、肌寒い朝の今日。

退屈凌ぎに虫眼鏡と携帯電話を持ちいざ!お散歩へ。

少し歩いて行くと小さな公園があり、砂場やジャングルジム・ブランコや滑り台で遊ぶ子供達の楽しそうな声がしていました。

そんな賑やかな公園の片隅に見付けたお花。

20100322134405


姫立金花

科名
キンポウゲ科

学名
Ranunculus ficaria

原産地
イギリス
(ヨーロッパからシベリアにかけて広く分布)

福寿草にも似たお花ですが、これから時間が経つにつれて表情が変わる様なので楽しみです。

岩団扇(イワウチワ)

先日母親の家へ遊びに行った時、小さくて可愛らしいお花に出会う事が出来ました。

20100317073055



20100317073051



     岩団扇
   【イワウチワ】
   Shortia uniflora
イワウメ科 イワウチワ属


本来の生息地は、雪解けと同時に登山口周辺で良く見かけるお花で、高山植物とは少し違う様です。

とても綺麗に咲いていて、暫し見取れながらも何時もの様に携帯電話と虫眼鏡でパチパチとね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

遊花人

Author:遊花人
FC2ブログ!サンドラの宝箱へようこそ!

最近の記事

最近のコメント

空の機嫌


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

砂漠の足跡

アルバム

砂漠の詩人コレクション

リンク

このブログをリンクに追加する

サンドラの足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。